本文へ

私たちと一緒に相鉄バスで働きませんか?

相鉄バスでは、女性乗務員を積極的に採用しています。

バスの運転士と言えば、「男性の仕事」と言うイメージをお持ちではありませんか?
現在相鉄バスでは、頼れる女性たちが働いています。
あまり知られていませんが、営業所には女性専用スペースなどがあり、女性でも働きやすい環境です。
「バスなんてとても運転できない…」と思われるかもしれませんが、大型免許を持っていなくても大丈夫。
充実の養成制度で取得までしっかりサポートいたします!
乗用車の安全運転に自信のある方、人と接するのが好きな方、バスの運転をしてみたい方…
人の生活を支える「バスの運転士」という仕事に、是非チャレンジしてみませんか?

相鉄バスは女性が働きやすい職場です。

女性専用のスペースがあります。

更衣室や休憩所などの女性専用スペースを用意しており、リラックスした環境で休憩を取る事ができます。

充実の研修制度で未経験でも安心です。

大型経験がない方でも、一人前の運転士になれるよう、充実の研修制度でしっかりフォローしていきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

先輩インタビュー

「40歳、バス運転未経験」からでも前向きな発想でステップアップ

前職はパートで配送の仕事をしていました。40歳を過ぎ経済面でも危機感を持ち、正社員になるには運転士しかないと思ったのですが、乗用車しか運転したことがなく……。しかし「免許がないなら取ればいい!」と頭を切り替えて大型二種運転免許を取得し、入社しました。私の場合は親にお金を借りて教習所に通いましたが、今では養成制度もあるので入社してから安心して免許を取得することができますね。本当は運転するよりも助手席の方が好きなんです(笑) バスなんて運転できないと思うかもしれませんが、研修制度で技術を身につけられるので、発想を切り替えればできるものです。運転士の仕事は育児などのいろいろな経験や感性もどんどん生かせますよ。

伊澤和子(58歳)

綾瀬営業所 指導運転士
2002年入社

私の仕事

業務係主任として、綾瀬営業所の庶務全般に関わっています。日々の運行管理のほか、小学校の遠足など貸し切りバスの手配や管理、定期券の発行、運転士の点呼業務や社員の住所変更などの手続きも行います。運転士の頃は朝の通勤時間の時に、海老名駅の手前で「お気をつけて行ってらっしゃいませ」と、お客様の朝の気分が少しでも和らげられれば、との思いで声を掛けていました。今では窓口に来るお客様から「昔はあなたのバスによく乗ったのよ。また運転しないの?」と声を掛けてもらえることもあります。すべてのお客様の足になっている大事な公共交通機関の仕事だと実感し、やりがいを感じています。

この仕事をして良かったと思うこと

高齢者の移動手段や、通勤、通学、雨の日や飲み会での利用など、社会になくてはならない仕事に就いている責任と誇りを持てることですね。小学校の遠足バスの運転では、子どもたちが合唱を披露してくれ、涙があふれるほど感激したこともあります。制度の面でも昇進制度を生かし事務職に就けたこと、定年が65歳まで延び、安心して長く働けるところもメリットです。綾瀬営業所はトイレ、シャワー付きの女性専用のワンルーム休憩所があり、環境面も整っています。居心地がよすぎて(笑)この職に就いてよかったと思うことばかりです。

大変だったこと

初めのうちは大型車の運転自体に苦労しましたし、経路を覚えるのも大変でした。けれど、独り立ちできるまで指導運転士について自分のペースで習得でき、バスの大きさが自分の体の一部のような感覚になりました。入社当時は、早番、遅番と不規則になるのもきつかったのですが、体が慣れてくると、平日の昼間に空いた時間を使い、病院や銀行などの用をすませ、有効活用できるようになりました。不規則な反面、休暇も取りやすいので、平日に学校行事のある“お母さん”も働きやすいのではないでしょうか。前向きに考えることも大切ですね。

入社2年目 女性運転士の声雪の日も役に立てる喜び。定期的な技術講習で運転技術を向上。

私の仕事

トラックなどと違い荷物ではなく、大切なお客様の命を運ぶことが私たちの仕事です。ブレーキが少し強めになってしまい、立っているお客様のヒールがコンコンコン、となっているのを聞くと反省します。小さなお子様や妊娠マークのキーホルダーをつけているお客様がいるときにはとくに注意し、安全に座れるようにアナウンスをすることもあります。運転するときはいつも平常心で。カーブやでこぼこ道などでもお声がけし、明るいトーンの声と笑顔を常に心掛けています。

この仕事をして良かったと思うこと

お客様が名前を覚えてくださり「おはよう」と声を掛けてくださる方もいらっしゃいます。「いつも、ありがとう」と、お菓子や飲み物、お弁当の差し入れをいただくこともあり、ありがたいです。やりがいといえば、雪や大雨で電車が止まっても、最後までバスは動くので、お客様のお役に立てていることが喜びです。責任のある仕事ができるので誇りに思います。

大変だったこと

まわりの車がバスを抜こうと、急かしたり、前に飛び出てくることがあるので、気苦労することがあります。
あらかじめ車間距離をとり、急な車線変更も予測して運転しています。定期的な技術講習が充実しているので、運転技術はずっと磨いていきます。
「運転士」と言う職種に尻込みせず、「私にでもできるかも!」と思ってくれると嬉しいです。女性運転士が増えていくとを願っています。