現在のページはTOPページの中の相鉄ファンの中の相鉄沿線ここはどこ?の中のVol.6 ゲンジボタルの生息地のページです。

Vol.6 ゲンジボタルの生息地

横浜市旭区にあるこども自然公園(大池公園)は、ゲンジボタルの生息地として横浜市の指定文化財(天然記念物)に指定されています。

一帯には、子どもたちの耕作体験に利用される「教育水田」が広がり、付近の水路にゲンジボタルが生息しています。

ホタルの観察には、6月中旬の日没~21時ごろがよいそうです。マナーを守り、ホタル観賞へ行ってみませんか?

スライドショーで見る

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

撮影ポイントのご案内

撮影ポイント こども自然公園(大池公園) 横浜市旭区大池町65-1
最寄り駅 南万騎が原駅
アクセス 南万騎が原駅 徒歩7分
二俣川駅 徒歩15分

行き方を調べる

大きな地図で見る別ウィンドウで開く

駅周辺情報やホタルの鑑賞スポットはそうてつStyleで!

そうてつStyle

南万騎が原駅周辺のお店やイベント情報はこちらでチェック!

こども自然公園(大池公園)の施設情報・さがっそレポを見る外部リンク

相鉄線沿線には「四季の森公園外部リンク」や「横浜ビジネスパーク外部リンク」など、他にもホタルが鑑賞ができるスポットがあります。そうてつStyleを参考に、おでかけしてみませんか?

相鉄沿線 ここはどこ? 一覧

ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ