現在のページはTOPページの中の未来への取り組みの中の踏切を減らす(連続立体交差事業)の中の事業に関するお知らせ一覧の中の星川仮駅舎の一部先行使用についてのページです。

星川仮駅舎の一部先行使用について

現在、星川駅では工事期間中にご利用いただく仮駅舎・仮跨線橋の建設を進めておりますが、平成19年1月27日(土)より北側(保土ヶ谷区役所側)の仮駅舎の一部を先行してご利用いただいています。改札口は 変わりありませんが、 改札口と帷子川を渡る星川下橋までのルートが、下図のとおり仮駅舎の一部を通っていただくようになりました。

これと同時に北側の仮駅舎内に設置したエレベーター旅客トイレ、車椅子 をご使用の方やオストメイトもご利用いただきやすい多目的トイレ、星川下橋と公会堂方面への段差に対応するスロープが使用開始となりました。

なお、線路上や南側を含めた仮駅舎・仮跨線橋の使用開始は平成20年3月末を予定しています。

星川仮駅舎(北側)一部先行使用案内図

星川仮駅舎・北側改札外エレベーター

使用開始 :
平成19年1月27日(土)
稼働時間 :
午前5時~午前1時15分
定員 :
11人

1階の乗降口は星川下橋の高さとなります。

ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ