現在のページはTOPページの中の未来への取り組みの中の踏切を減らす(連続立体交差事業)の中の事業に関するお知らせ一覧の中の星川仮駅舎の使用開始についてのページです。

星川仮駅舎の使用開始について

図(1) 星川仮駅舎の使用開始について

星川駅は、3月30日の日曜日から仮駅舎に移転します

今後の高架化工事中にご利用いただく星川仮駅舎の工事が完成の運びとなり、3月30日の始発列車からご利用いただくこととなります。仮駅舎は現在の駅舎より約30m和田町駅側へ移転し、線路北側(区役所側)エレベーター付近と線路南側星川SFビルをつなぐこ線橋のかたちとなります[ 図(1)参照 ]。また、こ線橋の和田町駅側の部分は自由通路としていつでも南北の通行が可能です。

この仮駅舎は、改札口が北側・南側の2箇所となり、南北それぞれに自動券売機、改札機が設けられます。ホームからコンコースへのエレベーターもご利用いただけるようになり、既にご利用いただいている北側・南側のエレベーターとあわせて、階段を使わずに駅をご利用いただけるようになります。

なお、仮駅舎は現在の線路と今後建設が進む高架橋の間に設けたことにより天井高さが約2mと低くなっていますので、丈の長いお荷物をお運びの際などはご注意ください[ 図(2)参照 ]。

仮駅舎使用開始と同時に、上りホームの乗場が変更となります

平日のラッシュ時は、各停が3番ホーム、快速が4番ホームからのご乗車となります。また、「平日の日中、早朝、夜間」、「土曜・日曜・祝日の終日」は全列車が4番線からのご乗車となります。

これは、仮駅舎の使用開始後、現在の上り3番線側のホーム屋根を撤去していくため、新しくホーム上屋を設置した仮4番線側を本線とし、雨天時のお客様の利便性や工事の安全性を確保するものです。お乗り間違いのないようお気をつけください。

ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ