現在のページはTOPページの中の未来への取り組みの中の踏切を減らす(連続立体交差事業)の中の事業に関するお知らせ一覧の中の星川駅仮3番線切替え工事についてのページです。

星川駅仮3番線切替え工事について

星川駅仮3番線切替え工事について

以前よりお知らせしてまいりました、現在の3番線を北側の仮3番線に切替える工事の日程が決定いたしました。

工事日程:平成20年10月24日(金)21:00~25日(土)6:00(始発列車前)
(荒天時は、10月31日(金)~11月1日(土)の同時間に延期して工事を実施いたします。)

また、切替え工事後の10月25日(土)始発列車より、以下のように上りホームの乗り場が変わります(図‐1参照)。

主要なのりば→4番ホーム⇒3番ホーム
(平日の日中や早朝・深夜、土・日・祝日はすべて3番ホームを出発、通過します。)

通過待ち→3番ホーム⇒4番ホーム
(平日のラッシュ時に急行の通過待ち、快速の接続待ちを行う各駅停車は4番ホームを使用します。)

図-1 星川仮3番線切替えに伴う上りホーム見取り図

当日の工事概要について

図-2 事業区間位置図

工事当日は、図-2の2箇所(印の箇所)において事前に敷設している仮3番線路への切替え工事、現在の3番線に使用している分岐器(ポイント)の撤去 (写真-2,3参照)、上りホームの縮小工事などを行います(写真-1参照)。上りホームの縮小工事では、仮3番線上のホーム床部分を撤去するため、ホームの幅が昨年11月の仮4番線切替え前と同程度(最大7.56m/最小2.75m)となります。

また、上りホームでは、本年3月30日から、新しく設置したホーム屋根側の仮4番線を本線路としておりましたが、今回の切替えにより、仮3番線を本線路に、仮4番線を急行の通過待ちや快速の接続待ちをする待避線に変更いたします。

写真-1 切替え後の上りホーム
(2008.8.27撮影)

写真-2 天王町3号踏切付近切替え箇所
(2008.9.17撮影)

写真-3 星川1号踏切付近切替え箇所
(2008.9.17撮影)

棒線化とは⇒分岐器(ポイント)を撤去し通常の直線のレール2本の軌道にすることです。

ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ