現在のページはTOPページの中の企業・IR情報の中の相鉄グループについての中の相鉄グループ経営理念のページです。

相鉄グループ経営理念

相鉄グループ経営理念は、昭和59年4月に初めて制定された後、平成元年4月に改定され、「運輸業を中心とする総合サービス産業を通じて、社会的責務を遂行する。」「顧客最優先の企業原点を自覚するとともに、時代を先見しつつ誠意あるサービスに努める。」となりました。

平成17年4月、新しいグループ経営体制へと移行する際、この経営理念の考え方を更に分かりやすく明確にすることで全グループ社員がその趣旨を理解し同じ理念を共有できるようにし、一つの相鉄グループの一員であるという意識の強化を図るとともにグループ連結利益の最大化に向けて全グループ社員が一丸となる風土の醸成をねらうものとして改定しました。

1.基本理念

【基本理念は、相鉄グループの存在理由と社会に対して提供していくべき価値について定義しています。】

相鉄グループは、快適な暮らしをサポートする事業を通じてお客様の喜びを実現し、地域社会の豊かな発展に貢献します。

2.経営姿勢

【経営姿勢は、相鉄グループの各社が基本理念に基づき、お客様、株主、社員、社会などにどのように関わっていくかを明確にしています。】

  1. (1)徹底したお客様視点の実践
    お客様の期待を上回る商品・サービスを提供していくために、常に徹底したお客様の視点での改善に努めます。
  2. (2)グループ連結利益の最大化
    グループ各社の自立経営を前提とした連携によりグループの総合力を発揮し、連結利益の最大化をはかります。
  3. (3)活力ある企業風土の醸成
    社員一人ひとりが力を伸ばし、チャレンジ精神にあふれた活力ある企業風土を大切にします。
  4. (4)よりよい社会への貢献
    よき企業市民として責任ある企業活動を行ない、よりよい社会の創造に貢献します。

3.行動規範

【行動規範は、相鉄グループのすべての社員が基本理念と経営姿勢を実践する際の拠り所となるキーワードです。】

「その行動は、お客様の喜びにつながっていますか?」

ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ