現在のページはTOPページの中の企業・IR情報の中の相鉄グループについての中のグループ事業案内の中のホテル業のページです。

ホテル業

宿泊特化型ホテルやフルサービスのホテルの開発・運営を4社で行っています。

●特に注記のないものは平成29年5月31日現在の内容です。

ホテル業の平成28年度業績

  • 営業収益 388億39百万円(前年度比7.8%増)
  • 営業利益 44億14百万円(前年度比5.2%増)

PDFで見る
(660KB)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

横浜駅西口で上質な時間を提供

28階建て372室の客室と7つのレストラン・バーや約1,000人を収容できる宴会場、神殿・チャペルなどを備えたホテルで、最上階からは美しい横浜の夜景を堪能できます。世界110カ国でホテルを展開するマリオット・インターナショナルが運営するブランド“シェラトン”を冠し、外資系ホテルの合理的・効率的な運営手法で安定した運営を確立すると同時に、シェラトンブランドホスピタリティーに基づき、地域に親しまれてお客さまに支持されるホテルを目指しています。

平成30年に開業20周年を迎えるに当たり、より一層快適なホテルライフを実現するため、平成32年まで全客室のリニューアルを行っています。その第1期として高層階の客室をシェラトンの最高峰ブランドで高い快適性と高級感を備えた「シェラトンクラブ」に改装し、平成29年4月1日にオープンしました。専用ラウンジを設置し、各種手続きや飲食サービスなどを提供しています。

シェラトンクラブ

相鉄ホテル別ウィンドウで開く

相鉄フレッサイン・ホテルグランドフレッサ

ワンクラス上の「快適空間」を提供する宿泊特化型ホテル

宿泊機能に特化したホテル「相鉄フレッサイン」18店舗と「ホテルグランドフレッサ」1店舗を展開。高級ベッド、レディースルームといったワンクラス上の「快適空間」を提供しています。

平成28年10月には「相鉄フレッサイン 新橋日比谷口 別館」と「同 銀座七丁目」を、平成29年4月には関西圏初進出となる「同 京都四条烏丸」と「同 京都駅八条口」を開業しました。引き続き、店舗網の拡大を進めていきます。

相鉄フレッサイン 京都四条烏丸

相鉄イン別ウィンドウで開く

相鉄ホテル開発

サンルートホテルチェーン

国内と海外に71のホテルを展開

「サンルートホテルチェーン」は直営17店舗(運営受託含む)、フランチャイズ42店舗に、サンルートクラブパートナーズホテル(提携ホテル)を加え、計71のホテルを国内・海外でチェーン展開し、ビジネスや観光など幅広いお客さまのニーズにお応えしています。

平成28年4月には「ホテルサンルート大阪なんば」(客室数698室)を開業。今後もサンルートホテルチェーンの拡充を進めていきます。

ホテルサンルートプラザ新宿

サンルートクラブ

サンルートクラブは、会員数が48万人(平成29年4月現在)で、サンルートチェーンの魅力アップとお客さまのリピート利用につなげています。会員による年間宿泊数は延べ53万泊、チェーン総宿泊数の約16%を占めています。

入会金・会費は無料で、宿泊や一部レストランのご利用でポイントがためられるほか、さまざま特典を用意しています。

サンルート別ウィンドウで開く

相鉄ホテル開発

ホテル開発

直営で50店舗超の出店を目指して

相鉄グループでは首都圏や関西圏を中心に、宿泊を主体としたホテルを「相鉄フレッサイン」や「ホテルサンルート」のブランドで出店しています。平成31年度までに直営50店舗超のチェーン展開を目標に、特に「駅近」立地への出店を積極的に進めています。出店には、さまざまな方式を採用して、これまでに培ってきたノウハウと実績で効率的な出店・運営を行っています。

  • 主な出店方式
    • 建物賃借(期間は20 ~ 30年程度)
    • 借地(事業用定期借地で30年以上)
    • マネジメントコントラクト(管理運営受託)方式
    • 土地購入
    • 既存ホテルのリブランド

※建物延床面積2,000 ~ 5,000㎡

(客室数は100 ~ 250室程度)

相鉄ホテル開発

ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ