相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業
本事業は、星川駅と天王町駅を含めた約1.9kmを高架化することで、同区間9箇所の踏切のうち7箇所を立体交差化、2箇所を廃止し、地域交通の円滑化及び、地域の一体化による生活環境の向上や踏切事故の解消を図ることを目的とする横浜市の都市計画事業です。

詳しくはこちら

ウィンドウを閉じる