現在のページはTOPページの中の電車に乗るの中の安心・快適なご利用のためにの中の手回り品・持込禁制品のページです。

手回り品・持込禁制品

手回り品

  • 身の回り品として携帯する傘・つえ・バッグなどのほか、運輸上支障を生ずるおそれがなく携帯できる物品である場合は、物品の3辺の和の合計が250cm以内、重さ30kg以内のものを2個まで車内に持ち込めます。ただし、長さが2mを超える物品は、車内に持ち込むことができません。
  • 自転車は、解体するか折り畳んで専用の袋に収納し、上記制限内に収まるものであれば車内に持ち込めます。
  • サーフボード・スノーボードは、専用の袋に収納し、上記制限内に収まるものであれば車内に持ち込めます。
  • 小犬・猫・小鳥などの小動物(猛獣およびヘビの類を除く)は、3辺の和の合計が90cm以内(ただし、長さ70cm以内)の容器に収納し、容器を含む重さが10kg以内のものであれば、車内に持ち込めます。ただし、運輸上支障を生ずるおそれがなく、他のお客様に危害を及ぼし、または迷惑をかけるおそれがないと認められる場合に限ります。車内・駅構内では、容器内に完全に収納した状態での携行をお願いします。
    なお、身体障害者補助犬法で認定を受けた身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)は、この限りではありません。
  • ベビーカーの車内・駅構内でのご使用は、お客様の自己責任でお願いいたします。駅構内には 傾斜のある場所がございますので、列車をお待ちの際は車輪ストッパーをおかけのうえ、ベビーカーから目を離さないようご注意ください。なお、車内混雑時は、他のお客様へのご配慮をお願いいたします。

持込禁制品

  • 火薬・ガソリン・硫酸などの危険物、死体・動物(手回り品に該当する小動物を除く)は車内に持ち込むことができません。また、不潔または臭気のため他のお客様に迷惑をかけるおそれがあるもの、車両を破損するおそれがあるものについても、車内に持ち込むことができません。
ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ