現在のページはTOPページの中の電車に乗るの中の乗車券・振替輸送の中の各種乗車券の中の定期乗車券のページです。

定期乗車券

通勤定期乗車券・通学定期乗車券

期間

1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月のいずれかとなります。

発売日

新規購入されるとき
使用開始日の14日前から
継続購入されるとき
使用開始日の14日前から

継続購入とは、有効期間内の定期乗車券と引き換えに、同一種類・区間・経路となる定期乗車券をお買い求めいただくことです。

発売駅と発売時間

 あり 券売機 あり 定期券売り場の場所は各駅構内図 PDF でご確認ください。

発売駅・構内図 自動券売機(初電~終電) 定期券売り場(7時~20時)
横浜PDF あり あり
平沼橋PDF あり なし
西横浜PDF あり なし
天王町PDF あり なし
星川PDF あり なし
和田町PDF あり なし
上星川PDF あり なし
西谷PDF あり なし
鶴ヶ峰PDF あり なし
二俣川PDF あり あり
希望ヶ丘PDF あり なし
三ツ境PDF あり あり
瀬谷PDF あり なし
大和PDF あり あり
相模大塚PDF あり なし
さがみ野PDF あり なし
かしわ台PDF あり なし
海老名PDF あり あり
南万騎が原PDF あり なし
緑園都市PDF あり なし
弥生台PDF あり なし
いずみ野PDF あり なし
いずみ中央PDF あり なし
ゆめが丘PDF あり なし
湘南台PDF あり なし

自動券売機では、新規の通学定期乗車券および、学年をまたぐ継続の通学定期乗車券は、購入できませんのでご注意ください。

支払方法

  1. (1)現金
  2. (2)相鉄提携クレジットカード(相鉄カード)

定期乗車券の払いもどし

定期乗車券の払いもどし申請時は、ご本人であることを確認できるもの(運転免許証・健康保険等の被保険者証・パスポート等)をお持ちください。

ご利用を中止される場合

(1)1ヶ月定期乗車券(※使用開始後7日以内に限ります)

使用・未使用を問わず、定期旅客運賃から使用開始日を含む使用日数に対する10円単位の往復普通旅客運賃と手数料220円を差し引いて払いもどしいたします。

【計算式】
定期旅客運賃-(定期乗車券区間の10円単位の往復普通旅客運賃×使用日数+手数料220円)=払いもどし額

【計算例】
横浜~大和  大人1ヶ月通勤定期乗車券(10,260円)  10円単位の往復普通旅客運賃(520円)
有効開始日⇒6/1~6/30   払いもどし申出日⇒6/5  経過日数⇒5日

≪式≫
10,260円-(520円×5日+220円)=7,440円              払いもどし額7,440円

1ヶ月定期乗車券は8日以上使用すると払いもどしはできません。

(2) 3ヶ月・6ヶ月定期乗車券(※使用開始後7日以内であれば、1ヶ月定期乗車券と同じ払いもどし方法になります)

使用・未使用を問わず、定期旅客運賃から使用月数(1ヶ月未満の日数は1ヶ月単位に切り上げます)に対する定期旅客運賃と手数料220円を差し引いて払いもどしいたします。

【計算式】

1ヶ月使用した時
定期旅客運賃-(1ヶ月の定期旅客運賃+手数料220円)=払いもどし額
2ヶ月使用した時
定期旅客運賃-(1ヶ月の定期旅客運賃×2+手数料220円)=払いもどし額
3ヶ月使用した時
定期旅客運賃-(3ヶ月の定期旅客運賃+手数料220円)=払いもどし額
4ヶ月使用した時
定期旅客運賃-(3ヶ月の定期旅客運賃+1ヶ月定期旅客運賃+手数料220円)=払いもどし額
5ヶ月使用した時
定期旅客運賃-(3ヶ月の定期旅客運賃+1ヶ月定期旅客運賃×2+手数料220円)=払いもどし額

【計算例】
横浜~大和  大人通勤定期乗車券(1ヶ月10,260円 3ヶ月29,250円 6ヶ月55,410円)
6ヶ月定期乗車券購入  有効開始日⇒4/1~9/30  払いもどし申出日⇒7/1
経過月数⇒4ヶ月(3ヶ月と1日経過しているため)

1ヶ月未満の日数は、1ヶ月に切り上げて計算いたします。

≪式≫
55,410円-(29,250円+10,260円+220円)=15,680円              払いもどし額 15,680円

区間変更される場合

はじめに、新しく希望される当社線を含む区間の定期乗車券をお買い求めいただきます。ご不要となった定期乗車券は、使用旬数に対する10日単位の定期旅客運賃と手数料220円を差し引いて払いもどしいたします。

【計算式】

定期旅客運賃-(10日単位の定期旅客運賃×使用旬数+手数料220円)=払いもどし額

使用旬数とは、10日を1旬・1ヶ月を3旬とすることです。 なお、使用日数が10日未満のものは、10日(1旬)とみなして計算いたします。

10日単位の定期旅客運賃とは、定期乗車券購入金額の1日平均額(1ヶ月を30日として計算)の10倍です。


【定期乗車券の払いもどし場所】
自動券売機(9時~22時)・・・相鉄線の各駅
定期券発売所(7時~20時)・・・横浜、二俣川、三ツ境、大和、海老名の各駅

自動券売機での払いもどしの際は、係員にお申し出ください。

乗車区間を変更される場合の払いもどしは、定期券発売所のみで承ります。

【定期券発売所までのご乗車について】
ゆき 定期券発売所までの普通乗車券をお買い求めのうえ、ご乗車の際に係員にお申し出ください。お買い求めいただいた乗車券に証明をいたします。お持ちの乗車券は定期券発売所にて払いもどしをいたします。
かえり 定期券発売所で定期乗車券の発売・払いもどし・乗車区間の変更等のお取扱い後、お帰りの乗車券が必要なお客さまは係員にお申し出ください。定期券購入用乗車票をお渡しいたします。 なお、お買い求めいただいた定期乗車券でご乗車できる場合は、その定期乗車券をご利用ください。

【定期乗車券を紛失した場合】

最寄りの駅または定期券発売所にお申し出ください。

磁気定期乗車券の場合

再発行はできません。
なお、新たに定期乗車券をお求めの後、紛失した定期乗車券が見つかりましたら、新たに購入した定期乗車券を10日単位の定期旅客運賃と手数料220円を差し引いて払いもどしいたします。

PASMO定期乗車券の場合

再発行が可能です。
PASMO取扱事業者またはSuica取扱事業者の駅で、所定の申請書にてお申込みください。
PASMO定期乗車券の使用停止の登録を行い、再発行整理票をお渡しいたします。再発行整理票に記載された鉄道事業者で、翌日以降、再発行整理票と引き換えにPASMO定期乗車券を再発行いたします。再発行は、再発行整理票発行日の翌日から14日以内に行なってください。それ以降は再度、紛失再発行のお申込みが必要となります。

  • 申請時にお渡しする再発行整理票は、再発行できませんので大切に保管してください。
  • PASMO定期乗車券(鉄道)の再発行はその定期乗車券を発行した事業者のみの取扱いとなります。
  • 再発行されるまでの期間、紛失したPASMO定期乗車券に記載された区間内を乗車する場合の運賃は、お客さまのご負担となります。
  • 紛失再発行の手続きで保証されるSF残額は、PASMO定期乗車券の使用を停止する処理が完了した時点の金額となります。
  • 再発行には手数料510円とデポジット(預り金)500円が必要です。
  • 紛失したPASMO定期乗車券を発見された場合は、PASMO取扱事業者の駅やバス営業所等へお申し出ください。デポジット(預り金)500円を返却いたします。
ページの上部へ
  • サイトのご利用にあたって
  • 個人情報保護
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ