コーポレート・ガバナンス

コーポレートガバナンスの基本的な考え方

相鉄ホールディングスは、企業価値を高め、株主の皆様はもとより、すべてのステークホルダーからの信頼を確保していくためにコーポレートガバナンスの充実が不可欠と考え、経営の意思決定の迅速化、経営の監督機能の強化および適時適切な情報開示などによる経営の透明性の確保を重要な課題としています。
相鉄ホールディングスは、相鉄グループを統括する純粋持株会社として持株会社体制を採り、グループ規模で経営監督と事業執行を分離しています。コーポレートガバナンス体制は監査役会設置型です。

会社の機関

1. 取締役会・常務会・監査役会

相鉄ホールディングスでは、株主利益に大きな影響を与えると判断される事項や業務運営上重要な案件について、的確かつ迅速な意思決定を行うために機動的に開催します。取締役会は、法令および定款で定められた事項・経営上重要な事項について決議を、常務会は、常勤取締役で構成され、取締役会の決議事項やその他重要事項についての審議を行います。監査役は監査役会のほか取締役会に出席し、常勤監査役は常務会にも出席して、取締役の職務遂行を厳正に監査します。
なお、取締役および監査役の人事ならびに報酬等にかかる取締役会の機能の客観性および透明性を確保するため、取締役会の諮問機関として、社外取締役を含むメンバーで構成される指名・報酬諮問委員会を設置しています。

2. 執行役員

執行役員は、取締役会によって選任され、相鉄グループの経営戦略・経営計画等を実行に移し、諸施策の遂行を効果的に行う役割を担っています。

3. 相鉄グループ執行役員

相鉄グループ執行役員は、取締役会によって選任され、相鉄グループの経営戦略・経営計画等に関する意見交換やこれらの徹底を行う役割を担っています。

4. 相鉄グループ執行役員会議・相鉄グループ社長会

相鉄グループ全体の戦略・政策・方針や各社業務執行状況等に関する意見交換を行うため、相鉄ホールディングス執行役員と相鉄グループ執行役員で構成した「相鉄グループ執行役員会議」と、相鉄ホールディングス会長・社長、その他幹部役員と相鉄グループ全社社長で構成した「相鉄グループ社長会」を設置しています。

内部監査および会計監査

内部監査の専任部門として社長直轄の監査部を設置し、相鉄ホールディングスおよびグループ会社の業務の適正性・効率性を監査しています。
会計監査人には相鉄ホールディングスから情報提供し、期末監査のみならず、グループ会社を含め期中にも適宜監査を実施しています。

内部統制の推進

「株式会社の業務並びに当該株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制」に対応し、相鉄ホールディングスおよびグループ会社は、コンプライアンス体制の基礎として相鉄グループCSR基本規程を、リスクマネジメント体制の基礎として相鉄グループCSR基本規程および危機管理内規を定め、グループ全体でコンプライアンスやリスクマネジメントに取り組んでいます。
また「財務報告に係る内部統制の評価および監査」を義務付けた金融商品取引法に対応し、財務報告に係る内部統制の基本的計画および方針を決定しました。

コーポレートガバナンスの体制図