ページの上部へ

2024年夏、

ゆめが丘のまちが生まれ変わる。

商業施設ゆめが丘ソラトスのイメージ画像

ゆめが丘開発プロジェクトについてゆめが丘開発プロジェクトについて

ゆめが丘の詳しい情報はこちら

ゆめが丘ソラトスの周り

相鉄グループの㈱相鉄アーバンクリエイツと㈱相鉄ビルマネジメントは、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅(横浜市泉区)前の集客施設開発事業者として、泉ゆめが丘センター地区地権者会※1から選定され、2022年12月から、大規模集客施設「ゆめが丘ソラトス」を開発しています。これは、東京ドーム約5個分の約24ヘクタールに及ぶ「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業※2」の一環として開発を行うもので、ゆめが丘周辺の自然や地域資源を生かし「食」「アクティビティー」「教育・文化」など、さまざまな体験ができる交流型集客施設になる予定です。

ゆめが丘ソラトスの周り

ゆめが丘ソラトスの周り

横浜市泉区では最大規模の施設となり、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅および横浜市営地下鉄ブルーライン 下飯田駅に近接している他、横浜市の主要な幹線道路である環状4号線にも面しています。そして、2023年3月開業の相鉄・東急新横浜線により、東京都心方面とのアクセスにも恵まれた好立地となっています。相鉄グループでは今後、「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」のエリア内において、新改札口の整備など、ゆめが丘駅のリニューアルを行う他、賃貸住宅の建設、駅周辺の高架下空間の開発などを予定するなど、今夏、ゆめが丘のまちは大きく生まれ変わります。

  • ※1 大規模集客施設の誘致を前提とした区画整理地区内の駅前街区の地権者で構成された組織。
  • ※2 「横浜市都市計画マスタープラン・泉区プラン」における、土地区画整理事業手法により新たな駅前拠点市街地として計画的な街づくりを進めることを目的とした事業。

PROJECT01 ゆめが丘ソラトス

2024年7月開業予定。ゆめが丘周辺にある地域資源を豊富に生かし、「食」「アクティビティー」「教育・文化」など、さまざまな体験ができる交流型集客施設です。屋上には、約3,000㎡の遊具付き公園も配置。地域最大級10スクリーンの大型シネマコンプレックスや、豊富な種類の約130店舗が出店を予定しています。

ゆめが丘ソラトス 公式サイト

PROJECT02 すまい

新たに生まれ変わる街だからこそ、ずっと住み続けたくなる住まいを目指して。
「ゆめが丘」ならではの豊かな自然環境と共に、先進の暮らしやすさ・子育てのしやすさを追求。誰もが健やかに・安心して暮らすことができる、環境やコミュニティに配慮したサステナブルな居住スタイルを提案します。

KNOCKSゆめが丘 公式サイト

PROJECT03 ゆめが丘駅

ゆめが丘ソラトスのオープンにあわせて、新改札口の設置やトイレの全面改修などリニューアルを実施。
駅舎のデザインは、相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」に基づき、外壁にレンガを採用。より便利で使いやすい駅に生まれ変わります。

PROJECT04 病院

ゆめが丘総合病院

2024年4月1日開業予定。医療法人社団「鵬友会」の湘南泉病院の機能が移転・拡大するかたちで、地上5階建て、延べ床面積は約9,400平方メートルの新たな総合病院として開業します。併設の健診センターでは、各種健診・検診を実施し、地域の皆さまの健康維持のため疾病予防に取り組みます。

ゆめが丘総合病院 公式サイト

ゆめが丘メディカルブリッジ

相鉄いずみ野線「ゆめが丘」駅徒歩2分 ゆめが丘メディカルブリッジ クリニックモール・調剤薬局脳神経外科・眼科・小児科・糖尿病内科 2024年夏オープン予定

KNOCKSゆめが丘の1階に併設されたクリニックモールで、 2024年夏開業予定です。脳神経外科・眼科・糖尿病内科・小児科・調剤薬局の出店を予定しており、地域医療の充実を図ります。

ゆめが丘メディカルブリッジ公式サイト

NEWS ニュース

MAP マップ

ゆめが丘へのルート