相鉄ホールディングス株式会社

  • 特に注記のないものは2019年5月31日現在の内容です。
2019年会社概要PDF(5.37KB)

会社概要

本社ビル
社名相鉄ホールディングス株式会社
創立1917年12月18日
本社横浜市西区北幸2-9-14
代表取締役社長滝澤 秀之
資本金388億303万4,708円
事業内容グループ経営事業
事業年度4月1日から翌年3月31日
関連事業会社29社 ※営業休止中の会社を除く
  • 2019年7月1日現在

相鉄本社ビルへのアクセス

相鉄グループの2018年度営業成績

2018年度の相鉄グループの連結営業収益は2,605億2百万円(前期比0.0%減)、営業利益は316億2千2百万円(同1.1%増)、経常利益は295億9千6百万円(同1.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は183億4千1百万円(同0.6%増)を計上しました。

事業別営業収益割合(百万円)
※セグメント間の内部営業収益消去後の金額
営業収益・親会社株主に帰属する当期純利益の推移(百万円)
:営業収益 :当期純利益

連結財務諸表

連結貸借対照表の要旨

(百万円)
※2019年3月31日現在

連結損益計算書の要旨

(百万円)
※2018年4月1日から2019年3月31日まで
  • 連結貸借対照表・連結損益計算書の金額は、百万円未満を切り捨てて表示

相鉄グループの事業別人員

(人)
※2019年3月31日現在

役員

代表取締役会長林 英一
代表取締役社長 社長執行役員滝澤 秀之
取締役 常務執行役員加藤 尊正
取締役 執行役員平野 雅之
取締役加々美 光子
取締役山木 利満
常勤監査役小島 弘
常勤監査役橋本 暁彦
監査役米田 誠一
監査役三木 章平
監査役中西 智
執行役員峯岸 恭博
相鉄グループ 執行役員長谷川 正昭
相鉄グループ 執行役員菅谷 雅夫
相鉄グループ 執行役員千原 広司
相鉄グループ 執行役員佐武 宏
相鉄グループ 執行役員杉原 正義
相鉄グループ 執行役員森村 幹夫
相鉄グループ 執行役員吉田 修
相鉄グループ 執行役員阿部 眞一
相鉄グループ 執行役員鈴木 正宗
相鉄グループ 執行役員斉藤 淳
相鉄グループ 執行役員後藤 亮一
  • 2019年6月27日現在

発行済株式総数・株主数・1株当たり配当額の推移

期別発行済株式総数(株)株主数(人)1株当たり配当額(円)
2010年3月427,477,49532,7245.00
2011年3月490,727,49538,262
2012年3月38,767
2013年3月38,504
2014年3月37,5495.50
2015年3月35,2456.50
2016年3月34,5467.50
2017年3月36,69510.50※1
2018年3月98,145,499※236,78950.00※2
2019年3月35,38450.00
  • (1)創立100周年記念配当金1.5円を含む
  • (2)2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の株式併合を行っています
  • 2019年3月31日現在

会社の沿革

誕生

開業当時の三ツ境駅

1917年12月18日に創立された相模鉄道は、茅ヶ崎を起点に厚木を経て橋本までの33.3kmの鉄道を建設。一方、同年同月に創立された神中鉄道は厚木から横浜に至る鉄道を建設。両社は厚木駅で連絡していました。

合併と分離

1943年4月、相模鉄道は神中鉄道を吸収合併し、貨物線を含め61.8kmの営業キロを持つ鉄道会社となりました。しかし1944年6月に茅ヶ崎~橋本間と寒川~四之宮間35.3kmが運輸通信省(当時)に買収され、貨物線を含む神中鉄道線26.5kmが現在の相鉄線となりました。

事業の多角化

1956年開業の横浜駅名品街と髙島屋ストア

戦後、鉄道の電化と複線化を推進すると同時に、積極的に経営の多角化を図り、1950年4月に不動産分譲業に進出、同年6月に乗合バス業の営業再開、1952年6月に貸切バス業、1953年11月に石油製品販売業に進出。さらに、1956年4月には横浜駅西口に横浜駅名品街と髙島屋ストアが開業しました。

合併と分離

1965年以降、横浜駅西口再開発といずみ野線建設を二大事業に掲げ、1973年11月に相鉄ジョイナス(全館完成は1978年5月)が、1976年4月にいずみ野線(二俣川~いずみ野間)が開業しました。その後も沿線開発を進め、1990年5月には大手民鉄へ参入しました。

新たな二大事業

湘南台駅の開業

1994年、新たな二大事業と位置付けた、横浜駅西口駅前再開発事業といずみ野線第3期延伸(いずみ中央~湘南台間)工事に着手。1998年9月に横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズが、1999年3月にはいずみ中央~湘南台間が開業しました。

事業再編

2003年以降、強靭(きょうじん)な連結経営体制を構築するため事業再編を推進。2005年4月1日までに不動産分譲事業、不動産賃貸事業、流通その他事業を分社し、新しいグループ経営体制(持株体制)に移行しました。

持ち株会社の誕生

2009年9月、グループの経営体制強化とグループ利益の拡大を図るため鉄道事業を分社し、相模鉄道は「相鉄ホールディングス」に、鉄道事業承継会社は「相模鉄道」に商号を変更。2010年10月には自動車事業を分社して相鉄ホールディングスは純粋持株会社となりました。

ホテル事業に注力

「相鉄フレッサイン 鎌倉大船」(2007年12月開業)を大船駅前に出店したのを皮切りに、宿泊特化型ホテルの開発・運営に注力。2014年9月には(株)サンルートの全株式を取得し、ホテル事業の強化を図りました。

2017年12月に相鉄グループは創立100周年を迎えました。これからも地域の発展に向け、さまざまな取り組みを行っていきます。

相鉄グループの事業再編

相鉄グループでは、選択と集中の強化によるコア事業および強化事業ヘの経営資源の集中投下を図るとともに、効率的なグループ経営を推進するため、事業の再編に取り組んでいます。

主な相鉄グループの事業再編等の経緯

主な相鉄グループの事業再編等の経緯
主な相鉄グループの事業再編等の経緯

CSRへの取り組み

企業の社会的責任(CSR)を全うし、相鉄グループを取り巻く全ての人々から信頼され、持続的に発展・成長可能なグループとなるべく、コンプライアンス、リスクマネジメント、環境負荷の低減、お客様満足(CS)、社会貢献、安心・やりがい(労働安全衛生)などに取り組んでいます。

女性活躍推進への取り組み

女性活躍推進への取り組み

多様な人材が活躍できる企業風土を実現するため、ダイバーシティ・マネジメントに取り組んでいます。その第一歩として女性が活躍できる企業風土の実現に向け、女性活躍推進宣言を策定するとともに、取り組みを進めるためにグループ各社で構成される委員会を設置しました。ここでは、グループ企業ごとの行動目標に取り組むほか、女性活躍、ダイバーシティ推進のグループ合同セミナーなどを実施しています。

相鉄グループCSRレポートを発行

相鉄グループCSRレポートを発行

相鉄グループのCSRへの取り組みをご理解いただくために、お客様をはじめとするステークホルダーの皆さまを対象に毎年「相鉄グループCSRレポート」を作成し、ウェブサイト「相鉄グループ」にて公開しています。

相鉄お客様センター

お客様満足の向上とCS経営の推進を図るため、「相鉄お客様センター」を開設しています。月3,000件を超えるお問い合わせやご意見、ご要望を集約し、より良いサービスの提供や、事業の推進に活用しています。

受付時間(年末年始を除く)
平日:9:00~19:00
土・休日:9:00~17:00
電話:045-319-2111

相鉄グループ役員・社員行動原則

相鉄グループでは、役員・社員が相鉄グループ経営理念を実践していくための基本原則として、「相鉄グループ役員・社員行動原則」を定めています。

相鉄グループの役員・社員行動原則

株主優待制度

年2回、以下の株主優待をご所有株式数に応じて発行しています。

株主優待情報