This page is available only in Japanese.
新型コロナウイルス感染症の影響で、ご提供メニュー、営業時間、休日等が変更となっている店舗もございます。詳細は、各店舗に直接お問い合わせください。
「この店がゆめが丘駅周辺に住む方のコミュニティ的な役割を果たせられれば」と展望を語る鈴木康介・所長
ベーカリーには10時のオープンと同時に遠方から車で買い求めるお客様の姿も。なお一番人気は『カレーパン』
パン用と、こちらのピッツア用の石窯を設置。障がい者の方とサポートする方がともに厨房で調理します
白い壁面を鮮やかに彩るステンドグラスは、オープン前から交流がある作家の平山健雄さんの作品
小麦畑の石窯ベーカリー&食堂 Far nienteの
イチオシポイント
イチオシメニュー
自家菜園の野菜を使い、
店の石窯で焼く『ピッツア』
【Far niente】で収穫される小麦「ぼくらの小麦」を使用したピッツアの生地は耳の部分はもっちりと、小麦の香ばしさが鼻孔を抜ける味わい。ここにまさに目の前で収穫された旬の野菜を贅沢に使用しています。ボリュームも満点、数名でシェアしてオーダーする方も多いのだとか。
おすすめシーン
小さなお子様連れで、
“畑遊び”も楽しむ
もともとはベーカリーやレストランのウエイティングスペースとして用意された屋外のベンチには、庭や菜園で遊ぶお子様たちを見守る親御さまの姿が。「とりあえず、【Far niente】に行こうか、と言ってもらえるコミュニティスペースとして認知されれば」と鈴木所長は期待しています。