This page is available only in Japanese.
新型コロナウイルス感染症の影響で、ご提供メニュー、営業時間、休日等が変更となっている店舗もございます。詳細は、各店舗に直接お問い合わせください。
オープン前、南イタリアにある町・サレルノで現地の味を独学で習得したピッツア職人で店主の袖澤裕之さん
モッツァレラやブリードモー、タレッジョ、パルミジャーノなど4種のチーズを使った『クワトロフォルマッジ』
袖澤さんのピッツアづくりを支える特製のピザ釜。前菜などでもこの石窯を使った料理が供されます
イタリアの雰囲気づくりに一役買う絵画。こちらピエモンテ州のグラッパ生産者ロマーノ・レヴィ氏のイラスト
ピッツェリア スペリアーモ! の
イチオシポイント
おすすめシーン
肉汁が口中に溢れるスペシャリテ
『豚の腸づめ 自家製ソーセージ』
ごろっとした粗挽き肉が詰まったボリューム満点のスペシャリテ。あふれ出た肉汁をフォカッチャとともに味わえば二度美味しく楽しめます。付け合せは「きたあかり」を使用したイタリア版のハッシュポテト『ポテトのフリーコ』。こちらはクリーミな味わいと窯焼きの香ばしさが特徴。
おすすめシーン
記念日のお祝いやデートなど
『ハレの日』での使用に最適
店内の基調カラーであるベージュは、「優しい色あいで、落ち着いた雰囲気にしたかった」と改装時に奥様が提案したもの。オープンキッチンのカウンターも良いですが、『ハレの日』などは落ち着いたテーブル席もおすすめ。