This page is available only in Japanese.
新型コロナウイルス感染症の影響で、ご提供メニュー、営業時間、休日等が変更となっている店舗もございます。詳細は、各店舗に直接お問い合わせください。
ねじり鉢巻き姿で板場に立つ、三代目の山室貴嗣さん。カウンター席のほか、テーブル席やお座敷もあります
美しく盛られた刺身。中トロ、イカ、甘エビ、カンパチ、タコ、アオヤギ、白魚、子持ち昆布、ツブガイなど
中トロ2貫、エビ、イクラ、ホタテガイ、玉子、穴子、鉄火巻きを楽しめる『上寿司』。旬魚の握りも多数
日本酒のラインナップはすべて山室さん自らが試飲して厳選したもの。神奈川県の地酒もいただけます
竹世寿司の
イチオシポイント
イチオシメニュー
丁寧な仕事ぶりが光る
『煮穴子の炙り』
東京湾で捕れた江戸前の穴子をふっくらと煮上げ、香ばしく炙ってからツメを塗って仕上げた逸品です。ふわふわの身が、甘いツメと絡み合いながら口の中でとろけていきます。「甘辛い」というよりは、穴子の香りと旨みが引き立たたせる「上品な甘さ」が特徴です。
おすすめシーン
ネタケースにずらりと並ぶ
鮨ネタを吟味する愉悦
カウンターに座り、ケースの魚を眺めながら注文するのが醍醐味です。「ルールはないので、好きなものを食べてください。ただ、造りと酒はほどほどに楽しみ、握りでお腹を満たしてもらえると嬉しいです」と山室さん。定休日の翌日は、先代が海で釣ってきたアジが並ぶことも。
SO06
和田町駅周辺のこだわりの名店