日本初、大型バスの遠隔監視・操作による自動運転を営業運行で実施

よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンを結ぶ全長900m
横浜市I・TOP路線バス自動運転プロジェクト

実証実験中の自動運転バス

いつも相鉄バスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

相鉄バスと群馬大学、日本モビリティでは、「秋の里山ガーデンフェスタ」の開催期間中である2020年10月5日(月)と 14日(水)に遠隔監視・操作による自動運転の実証実験を行います。大型バスの遠隔監視・操作による自動運転を営業運行で実施する実証実験は、日本で初めてとなります。
また、10月6日(火)・7日(水)と 12日(月)~ 14日(水)には、昨年の秋に続いて2回目となる運転席に運転士を配置した自動運転バスを営業運行します。
※天候その他諸事情により、自動運転バスの実証実験は通常の乗務員による運行になる場合があります。

概要は、以下のとおりです。

相鉄バス・群馬大学・日本モビリティによる自動運転 実証実験の概要

「遠隔監視・操作システム」による自動運転バスの実証実験(営業運行)について

【実施期間】
2020年10月5日(月)と14日(水)の、14時台と15時台にそれぞれ2往復を予定。

【時刻表】

【コース】
よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間(約900m)

【運賃】
無料シャトル便(貸切運行)

【車両】
相鉄バス所有の自動運転バス

【定員】
各便25人を予定(先着順となります)

実証実験のポイント

  • 【日本初】大型バスの運転席無人と「遠隔監視・操作システム」による営業運行での自動運転
  • 旭営業所内に「遠隔監視・操作システム」を設置し、そのシステムによる走行と停止
  • 保安者が車両に乗車し、異常があれば、緊急停止スイッチを操作することで安全性を向上
  • 自動運転の社会実装に向け、より多くの方に自動運転バスの体験機会を提供

運転席に運転士を配置した自動運転バスの営業運行について

【実施期間】
2020年10月6日(火)・7日(水)、12日(月)~14日(水)の5日間
10時台~15時台 1日10往復を予定。

【時刻表】

自動運転バスと「遠隔監視・操作システム」についてなど詳しくは プレスリリース をご覧ください。

お問い合わせ

相鉄お客様センター

相鉄バス旭営業所