各プレスリリースには日付が記載されており、内容はその日付時点の情報となります。

「2022安全報告書」を公表【相模鉄道】

安全を守るための仕組みや教育訓練の内容を紹介

相模鉄道株式会社

相鉄グループの相模鉄道㈱(本社・横浜市西区、社長・千原 広司)では、鉄道の安全に関する取り組みをステークホルダーの皆さまにご理解いただくため、「2022安全報告書」を公表しました。

同報告書は、事故を未然に防ぐための取り組みや安全管理体制、鉄道事故などの発生状況を記載しており、鉄道事業法に基づき、1年に1回公表するものです。

16回目となる今回も「わかりやすい安全への取り組み」をテーマに、イラストや写真を用いて安全を守るための仕組みや教育訓練の内容などを記載し、2022年6月24日(金)から、相鉄グループのウェブサイトに掲載しています。

「2022安全報告書」

「2021安全報告書」の概要

1. 公表日

2022年6月24日(金)

2.公表場所

「相鉄グループウェブサイト」

3.形式

PDF形式 A4判・オールカラー・32ページ(表紙・裏表紙含む)

4.内容

(1)私たちが心がけていること
(2)安全を守る社内のしくみ
(3)お客さまの安全のために
(4)知識と技能の向上で安全を守ります
(5)事故等の発生状況をお知らせします
(6)私たちのパートナー「お客さまと沿線の皆さま」


印刷用 報道発表用資料(PDF 版)