各プレスリリースには日付が記載されており、内容はその日付時点の情報となります。

相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅をリニューアル【相模鉄道】

デザインブランドアッププロジェクトのコンセプトへ
「ゆめが丘大規模集客施設」オープンにむけて、改札口を増設

相模鉄道株式会社

相鉄グループの相模鉄道㈱(本社・横浜市西区、社長・千原 広司)では、「ゆめが丘大規模集客施設」のオープン(2024年夏予定)にむけて、相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅(横浜市泉区)をリニューアルします。

○相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅リニューアルの主な内容

  • 新改札口の設置
    「ゆめが丘大規模集客施設」(2024年夏オープン予定)側に新改札口(交通系ICカード専用改札)を設置します。大規模集客施設との間に一部、屋根を設置することで一体感を創出する他、雨にぬれず行き来できるなど、お客さまの利便性が向上します。

  • トイレの全面改修
    トイレは全体を明るく清潔感のある色合いにし、多機能トイレの拡充や女性用トイレにパウダーコーナーを設置します。

駅舎のデザインは、相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」の統一コンセプトに基づき、外壁にレンガを採用。リニューアルの完成は、大規模集客施設に合わせて2024年夏ごろを予定しています。

リニューアル後のゆめが丘駅〔新改札口側イメージ〕
ホーム階〔イメージ〕

相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅リニューアルの概要

1.概要

  • 新改札口の整備
  • トイレの全面改修
  • ユニバーサルデザインの採用
  • ホームへの雨吹き込み対策
  • ホーム上家鉄骨の新塗装
  • 内外装のリニューアル

2.構造

地上1階建て、改札2カ所

3.延床面積

約580㎡(容積対象部分)

4.工事期間

2023年1月~2024年夏(予定)

5.工事主体

相模鉄道㈱

大規模集客施設(左)と新改札口(右)〔イメージ〕
土地利用計画図〔赤枠部分が大規模集客施設〕

現在の相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅の概要

1.所在地

神奈川県横浜市泉区下飯田町1555-9

2.構造

地上1階建て、改札1カ所

3.延床面積

約400㎡(容積対象部分)

4.乗降人員

1,904人(1日平均乗降人員・2021年度)

5.沿革

1999年 3月10日開業
2000年 関東の駅100選に選出

現在の相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅①
現在の相鉄いずみ野線 ゆめが丘駅②

※「デザインブランドアッププロジェクト」とは・・・
デザインの総合監修を「くまモン」の生みの親で、クリエイティブディレクターの水野学氏(グッドデザインカンパニー代表)、に依頼し、お客さまとの最大の接点となる駅舎や車両、制服などを統一したデザインコンセプトに基づきリニューアルを進め、認知度や好感度を高めることで「選ばれる沿線」の実現を目指す相鉄グループの取り組み。
公式ウェブサイト
https://www.sotetsu.co.jp/design-pj/


印刷用 報道発表用資料(PDF 版)